ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

<<前ページ | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | 次ページ>>

993カレラ 中古車情報
2020.06.16

弊社が2016年エンジン、燃料系、足廻りをフルオーバーホールした自信をもってお進めできる、993カレラティプトロです。

オーバーホール後、4年間で2000km走行ましたがオドメーター49,486km、無事故でボディの状態は良好です。

車検は今年の2月に取得済で、購入後すぐにお乗りいただけます。

販売価格は850万円です。

購入をご希望される方はお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃料計の交換
2020.06.05

じめじめとした日が続きますが、梅雨のはしりでしょうか。

湿度が高い日本において、空冷のポルシェは特に厳しい季節を迎えます。

今回は燃料タンク内に設置されているガソリンゲージの不調について記載します。

画像左の筒の内側に付着しているタールが、主な原因で燃料ゲージが稼動しなくなりました。タールの発生要因はガソリンが腐ることです。

言い換えるとガソリンが古くなるとタールが発生すると言うことです。

例えばガソリンを携行缶で半年くらい保管すると上記の状況が発生します。

 

余談ですが、930の燃料タンクは鉄製でしたから長く乗らないときは、満タンにして燃料タンク内側の結露から錆びを防ぎました。

 

それではタールの発生を防ぐのはどうするかの対策ですが、長く乗らないときは燃料を抜くことが、良いのではないでしょうか。

 

触媒とは何だ
2020.04.01

皆さんは触媒がどんな部品かご存知でしょうか。

”触媒”をWikipediaで検索すると、以下ようなに記されていました。

「特定の化学反応の速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないもの」

では、具体的にどういった役割を果たすのでしょうか。

 

自動車用の触媒は一般的に白金とパラジウムとロジウムが用いられています。

これらの金属が、セラミックや金属で作られた格子状の部材の表面にコーティングされていて、その中を排気ガスが通ることでCOやHC、NOxといった有害物質を水や二酸化炭素、窒素、酸素に反応させ浄化します。


ネジの緩み
2020.03.24

車検整備を行った際に、不具合箇所を発見しましたのでご紹介します。

写真はマフラーの遮熱版付近です。
ご覧の通りネジが取れています。
車両の振動で徐々に緩んだと考えられます。
このような状態だとネジの欠落した部品が振動してビビり音の発生原因となります。
今回は遮熱板のネジでしたが、重要部品を固定するネジが緩んだら、事故にもつながりかねません。
ネジの緩みを防止するには、定期点検が欠かせません。

 

 

小粋なナンバー
2020.03.24

先日整備を完了した964のナンバーが粋でしたのでご紹介します。

陸運局に追加の料金を支払うと、希望する番号でナンバーを取得することができます。
愛車に因んだナンバーにすると、駐車で申告するとき写真を撮影する際に写真映えするほか、愛着が湧きます。
新たに車を購入する際は、希望ナンバーを取得してみてはいかがでしょうか?
 

 

<<前ページ | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | 次ページ>>